« 民間と公 | Main | 出てきましたよ。広告トラックバック »

Thursday, January 15, 2004

結婚は女にとって現実でしかない

こちらのブログを読んで思ったんですが。

女性が経済力のある男性と結婚し、優雅な専業主婦になることに憧れるのは今も昔もさして変わらないと思います。
女の結婚のメリット・デメリットの計算はしたたかですよ、昔から。
なぜなら女の方が結婚して生活は大きく変わるから。
今と昔の違いは、「理想とは違うけれど、それでも諦めて結婚する」か「理想の生活ができないなら結婚しない」かだと思うのです。
それと「仕事を続けつつ理想的な結婚をしたい(この場合は仕事に理解のある夫で、家事や育児も分担してくれて...という条件になる)」というのも新たに加わったに過ぎない。

現状認識おいて、そういった結婚への理想を「甘い」と思う方も多いかもしれないけれど。
理想ってのはそもそも甘いもんです。甘いから理想なわけで。
現状が厳しいほど夢は実現しがたいものだし大きくなっていくもの。
理想と現実が違うってのはそこそこの(結婚を意識するような)年齢の人間なら誰だって知ってます。

現代の女性は上記の通り「理想の結婚ができないなら、しないもんね」という選択肢を手に入れてるわけです。
「そこそこの男と結婚したって経済r的には独身時代よりしんどいし、だからって共働きしても家事は私の負担になるだろうし、姑さんや親族との付き合いだってめんどいだけだし。その上リストラとか病気とか旦那に何かあったら大変だし」
という現状認識については、実は多くの女性は男性以上に非常にシビアに、そしてシニカルに見ています。
これは女性にとって多くの先輩たちを見てきた結果「結婚後の生活は"仕事"以外のなんでもない」という現状認識があるからです。

結婚というのは実は男性にとっての方が夢であって(結婚は人生の墓場、なんて言ってますが)、女性にとっては限りなく現実だったりするわけ。
だからこそ。
「だったら結婚なんかしないで自分(と自分の両親)だけの面倒見るほうが楽じゃん」
と思うようになり、結婚しない女性が増えるわけ。

だから結婚における問題は女性が高い理想を掲げすぎているということではなく、結婚することによる人間同士の濃密な結びつきに何の価値も見出していないように見える、ことが問題なのではないでしょーか。
でも、これは女性だけの問題じゃない。男性も同じ。
昔からあって、今も一部の男性が期待する「結婚することで社会的信用を得たい」とか「身の回りの世話をしてくれて助かる」とかいう感覚はまったく同じ問題を孕んでいます。

ちなみに。
私の親の世代あたりから女性は専業主婦でも子育てがひと段落したら自発的にパートしたりして家計を助けたり、自分の使う分を稼いだりしてるしてる人は多いわけです。
決して全ての女が甘ちゃんなわけじゃないっすよ。
むしろ家計の現状について男性の方が疎いことも多く、なかなかタバコをやめなかったりパチンコにハマッたりしてる人もいるじゃないっすか。
私はラジカルなフェミニズムやジェンダー論にはまったく賛同しない人間だけれど、男性の方が優れて利口だとはまーったく思ってないかんね。

|

« 民間と公 | Main | 出てきましたよ。広告トラックバック »

Comments

参考になりました。トラックバックつけさせていただきます

Posted by: mamolu | Thursday, January 15, 2004 20:50

たろー。さん、コメントとご指摘、ありがとうございます。
大変失礼いたしました。
他の男性の方で不愉快に思われた方にもお詫び申し上げます。

私の夫もタバコ吸いませんし、お酒も殆ど飲まないし、パチンコも滅多にやりませんし、家計は一緒に管理しております。
そんなわけで私は決して「全ての男性がこーだ」とか「全ての男性はけしからん」とか「全ての男性が情けない」などとという偏見は持っておりません。
逆に「全ての女性が賢い」とも「全ての女性が虐げられている」とも思っておりません。

文章に至らぬ点があって誤解を招いたことを残念に、また申し訳なく思っております。
早速修正しておきます。

こういう男と女というおーざっぱな括りで話をするとどーしてもそういう誤解を与えてしまう可能性は捨てきれないですよね...
どーしたもんか。

Posted by: くわとろ | Thursday, January 15, 2004 17:09

こんにちは、たろー。です。

…御説ごもっとも、なんですが、

>むしろ家計の現状について男性の方が疎くて、なかなかタバコをやめなかったりパチンコにハマッたりしてるじゃないっすか。

の部分は勘弁してください。

「むしろ家計の現状について男性の方が疎くて、なかなかタバコをやめなかったりパチンコにハマッたりしてる”人もいる”じゃないっすか。」

…くらいに加筆・訂正して欲しいと思います。

僕はタバコは吸わないですし、パチンコも一切やりません。
家計は僕が管理しています。
貯金もまぁ、威張れるほどではないですが、外貨や株などの有価証券も合わせていくらかはあります。
だから、こういう風に書かれると、少し…。

こういうのは偏見、というんだと思いますよ。
世の中には、いろんな人間がいると思うんです。

失礼しました。

Posted by: たろー。 | Thursday, January 15, 2004 16:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 結婚は女にとって現実でしかない:

» 男と女 [自由人 YUUHO]
男と女  この世に、人間という生物が、高い知能を持って、存在し、時には、万物の霊長などと言われて地球を 独占し、なんでも 思うとおりにしようと、日々 生きている... [Read More]

Tracked on Thursday, January 15, 2004 20:40

» 結婚は現実だけれど [quatro]
「結婚は女にとって現実でしかない」ではかなり一般論的な書き方をして誤解も多々与えたような気がするので。 私個人の話など。 まず、私は独身時代「結婚はしてもしなく... [Read More]

Tracked on Thursday, January 15, 2004 21:09

« 民間と公 | Main | 出てきましたよ。広告トラックバック »